不動産投資の基礎

不動産投資という言葉を聞いたことはあっても、それがどのようなものなのかを考えたことがないという方もいるでしょう。
アパート・マンションをはじめた不動産を投資として購入し、それを何らかの形で運用することによって利益をあげようとすることを、不動産投資といいます。
この不動産投資の利益のあげ方には、2種類あります。
ひとつはインカムゲイン、もうひとつはキャピタルゲインです。

インカムゲインは、マンションやアパートを人に貸し出し、家賃により得られる収入であり、株式でいうところの配当金のようなものです。
また、キャピタルゲインは、マンションやアパートを売却することで発生する利益です。
不動産購入時の金額と、不動産売却時の金額差によって利益を確保することになりますが、昨今の不動産市場においては、あまりキャピタルゲインでの利益は見込めないといわれています。
そのため、近年では、インカムゲインでの利益を目指すのが一般的となっています。

不動産投資は、他の投資とは勝手がことなる部分も少なくありません。
それを把握しておかなければ、成功をおさめることは難しいでしょう。
不動産投資の特徴として、投資対象である物件は、それぞれ世界に1つだけしかないものであるということが挙げられます。
また、株式のように専用の市場もありません。
このため、不動産投資の成功のカギを握るのは、良い物件・良い不動産会社といえます。
これらを見つけることが、利益を最大化するポイントなのです。